パーキンソン病の原因・治療法のまとめ

パーキンソン病に効果的なリハビリ・気を付けるべき生活習慣

リハビリテーション

パーキンソン病を発症しても、適切なリハビリを行うことで、生活の質が落ちづらくなります。
パーキンソン病のリハビリには、運動療法、作業療法、発話・言語療法があります。

運動療法は、その名の通り運動機能を強化するリハビリです。
筋肉や関節を動かしやすくするために、筋肉トレーニングや足首・足指のトレーニングが行われます。

作業療法は、日常生活に必要な細かな作業を行うための訓練です。
手の指を細かく動かす作業を繰り返したり、寝返りや起き上がりをする訓練が行われます。

パーキンソン病を発症すると、声が弱くなったり発声が不明瞭になりやすく、認知機能の低下によって言葉も出づらくなります。
発話・言語療法は、これらの症状を改善し、日常会話をスムーズにするために行われます。

生活習慣

パーキンソン病の症状を改善するためには、病院の外でも生活に気を遣うことが大切です。
パーキンソン病になるとどうしても運動不足になりやすいので、意識して散歩やストレッチを行なうよう指導されると思います。
ストレッチを行なう場合は、正しい姿勢になっているか鏡や他人の目でチェックしてもらうと効果的です。
運動時には転倒に気を付け、事故防止のために、身の回りの不要な段差の除去したり、手すりを設置をすることも重要です。

食事や睡眠についても、ないがしろにすることなく、健康的に行なうことが望まれます。
嚥下に関する筋力や、寝返りをする力が衰えている場合がありますので、食事や睡眠をサポートしてくれる方の協力が望ましいです。


この記事をシェアする