パーキンソン病の原因・治療法のまとめ

投薬や手術による治療

薬による治療

パーキンソン病はドーパミンの減少によって引き起こされるため、薬物治療ではこのドーパミンの分泌を補助する薬が使われます
これは「ドーパミン系薬剤」といわれ、不足しているドーパミンの元となる「レボドパ」という薬や、ドーパミンと似た性質を持つ「ドパミンアゴニスト」という薬が挙げられます。
しかし、これらの抗パーキンソン薬には副作用があり、長期服用によって運動合併症が起こったり、幻覚・妄想が出たりすることがあるため、経過観察が大切です。

また、「非ドーパミン系薬剤」と呼ばれる薬もあり、これらは間接的にドーパミンのバランスを調整したり、パーキンソン病によって過少、または過多になるドーパミン以外の神経伝達物質を補助することによって症状を改善します。

手術など

あまり多くはありませんが、パーキンソン病の症状が薬で改善されないと判断されたときや、薬の量を減らしたい場合には、手術が行われることがあります。
脳の奥に細い電線を挿入し、胸の前部に脳へと電気刺激を送る機械を埋め込む「DBS」と呼ばれる手術です。
手術後は機器の調整やバッテリーの交換を定期的にすることが必要になります。

この手術は電気刺激によって直接脳を刺激するもので、完治のための手術ではなはなく、あくまで症状を改善するためのものです。
また、手術には感染症や出血の危険性もあるため、現在の状況から期待できる手術の効果とリスクとを天秤にかけ、主治医とよく相談することが大切です。
特殊な技術であるため、限られた病院でしか行われていません。


この記事をシェアする