パーキンソン病の治療法はある?

パーキンソン病の原因・治療法のまとめ

パーキンソン病の原因となりやすい人

身体の感覚や運動機能が低下するパーキンソン病は、現代の医学では完治させることが難しい病です。
しかし、適切な対処療法や早期発見によって症状を和らげることができるため、パーキンソン病についての知識を持っておくことが大切です。

パーキンソン病には、「運動症状」と「非運動症状」と呼ばれる2種類の症状があります。

運動症状の中にもいくつか種類があり、まず、動作が遅くなったり手足の動く範囲が小さくなる「無動」という症状があります。
この症状によって、手足が前に出づらくなったり、声や字が小さく、弱弱しくなります。
「静止時振戦」と呼ばれる手足の震えもパーキンソン病の特徴として有名です。
これらの症状と、筋肉が硬くなる「筋強剛」をあわせて、「パーキンソン病の3大症状」といいます。
発症初期には運動症状があらわれやすく、この3大症状は診断の際に重要になります。
運動症状には、他にも「姿勢反射障害」とよばれるバランス感覚の障害があり、転倒などによって大けがにつながるため注意が必要になります。

非運動症状は、身体の感覚や認知、精神に関わる症状です。
嗅覚障害や自律神経失調症、物忘れなどの認知障害、睡眠障害や、抑うつや妄想などの精神障害が挙げられます。

パーキンソン病は進行性の病で、身体の片側から症状が発現し、ゆっくりと症状が反対側に広がっていきます。
放置すると寝たきりになる可能性のある病ですが、現代では治療法も増え、適切な対処で生活の質を保ちやすくなっています。
パーキンソン病の原因と治療について、確認しましょう。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病を知る上で、その原因は外せない要素です。 手足の震えや運動障害があらわれる理由として、脳の伝達物質の減少が挙げられています。 パーキンソン病がどのようなメカニズムで起こるのか、また、パーキンソン病になりやすい人はいるのかということについて、見ていきましょう。

投薬や手術による治療

パーキンソン病の治療は、病院で診察を受け、投薬を行なってもらうことがメインになります。 また、薬で症状が改善しないと診断された場合には、手術が行われることもあります。 どのような薬を使って治療するのかということと、手術の内容について、ご説明します。

パーキンソン病に効果的なリハビリ・気を付けるべき生活習慣

パーキンソン病では、身体が動きづらくなる症状が出るため、リハビリを行なうことが重要になります。 弱くなった筋力を鍛えたり、発声や細かい作業を訓練することで、日常生活が送りやすくなります。 また、リハビリセンターの外でも気を付けて生活することによって、より進行を遅らせることができます。

おすすめリンク

稲城の歯科医院の評判の良いわけ

評判の良い稲城の歯科医院を探してみました。稲城付近に住んでいる方は要チェックです。

お悩み別!岐阜市の眼科情報

眼科はいっぱい?皆さんの症状に合わせた通うべき岐阜市の眼科についてたっぷり情報を取り揃えました。

脳梗塞後遺症のリハビリは何をするべきなのか

脳梗塞後遺症のリハビリは何が有効?医師に聞いた、本当に効くリハビリのやり方と注意点をご紹介。

通常より短期間でできる池袋の矯正歯科

歯列矯正には数か月かかりますが、短期間で治療を完了できる池袋の矯正歯科を紹介!社会人の方におすすめ!

慢性的な痛みもう悩まない!大阪のペインクリニックで解決しよう!

慢性的な痛みを我慢してあきらめていませんか?大阪のペインクリニックがあなたを痛みから救います!